ePUB manaihege.co Ý ミライの授業 MOBI Ï

ミライの授業 book ミライの授業 ePUB「私の著作活動は、この一冊のためにあった」――ベストセラー『僕は君たちに武器を配りたい』の著者・瀧本哲史さんが全国の中学校を訪れて開講した特別講義「未来をつくる5つの法則」のエッセンスが本になりました。これからを生きる14歳に、そしてかつて14歳だったすべての人に届けたい一冊です。2015年、私は全国の中学校を飛び回った。超難関として全国にその名を轟かす兵庫県の灘中学校や、福島第一原発事故の影響で避難生活を余儀なくされている福島県飯舘村立飯舘中学校など、さまざまな中学校を訪ねた。目的はひとつ、未来に生きる14歳のきみたちに、特別講義を届けるためだ。 中学生向けの講義だからといって、レベルを落としたつもりはない。本講義の根底に流れるのは、ふだん私が京都大学の学生たちに向けて語っているのと同じテーマであり、問題意識だ。 講義のタイトルは「未来をつくる5つの法則」。その中身は、ざっと次のような感じである。ぜひ法則の「?」に入るキーワードを想像してみてほしい。法則1 変革の旅は「?」からはじまる法則2 冒険には「?」が必要だ法則3 一行の「?」が世界を変える法則4 すべての冒険には「?」がいる法則5 ミライは「?」の向こうにある 本書は、その講義のエッセンスを凝縮した一冊である。未来を生きるきみたちに向けた、未来を変える特別講義だ。学校は、未来と希望の工場である――。そしてきみたちは魔法を学んでいる。ベストセラー『僕は君たちに武器を配りたい』の著者が全国の中学校を訪れて開講した特別講義「未来をつくる5つの法則」のエッセンスを凝縮した一冊。未来を生きるすべての子どもたちに、そして今を生きるすべての人に贈る、筆者著作活動の集大成.

ePUB manaihege.co Ý ミライの授業 MOBI Ï

❮KINDLE❯ ❄ ミライの授業 ❁ Author 瀧本 哲史 – Manaihege.co 「私の著作活動は、この一冊のためにあった」――ベストセラー『僕は君たちに武器を配りたい』の著者・瀧本哲史さんが全国の中学校を訪れて開「私の著作活動は、この一冊のためにあった」――ベストセラー『僕は君たちに武器を配りたい』の著者・瀧本哲史さんが全国の中学校を訪れて開講した特別講義「未来をつくる5つの法則」のエッセンスが本になりました。これからを生きる14歳に、そしてかつて14歳だったすべての人に届けたい一冊です。2015年、私は全国の中学校を飛び回った。超難関として全国にその名を轟かす兵庫県の灘中学校や、福島第一原発事故の影響で避難生活を余儀なくされている福島県飯舘村立飯舘中学校など、さまざまな中学校を訪ねた。目的はひとつ、未来に生きる14歳のきみたちに、特別講義を届けるためだ。 中学生向けの講義だからといって、レベルを落としたつもりはない。本講義の根底に流れるのは、ふだん私が京都大学の学生たちに向けて語っているのと同じテーマであり、問題意識だ。 講義のタイトルは「未来をつくる5つの法則」。その中身は、ざっと次のような感じである。ぜひ法則の「?」に入るキーワードを想像してみてほしい。法則1 変革の旅は「?」からはじまる法則2 冒険には「?」が必要だ法則3 一行の「?」が世界を変える法則4 すべての冒険には「?」がいる法則5 ミライは「?」の向こうにある 本書は、その講義のエッセンスを凝縮した一冊である。未来を生きるきみたちに向けた、未来を変える特別講義だ。学校は、未来と希望の工場である――。そしてきみたちは魔法を学んでいる。ベストセラー『僕は君たちに武器を配りたい』の著者が全国の中学校を訪れて開講した特別講義「未来をつくる5つの法則」のエッセンスを凝縮した一冊。未来を生きるすべての子どもたちに、そして今を生きるすべての人に贈る、筆者著作活動の集大成.

「私の著作活動は、この一冊のためにあった」――ベストセラー『僕は君たちに武器を配りたい』の著者・瀧本哲史さんが全国の中学校を訪れて開講した特別講義「未来をつくる5つの法則」のエッセンスが本になりました。これからを生きる14歳に、そしてかつて14歳だったすべての人に届けたい一冊です。2015年、私は全国の中学校を飛び回った。超難関として全国にその名を轟かす兵庫県の灘中学校や、福島第一原発事故の影響で避難生活を余儀なくされている福島県飯舘村立飯舘中学校など、さまざまな中学校を訪ねた。目的はひとつ、未来に生きる14歳のきみたちに、特別講義を届けるためだ。 中学生向けの講義だからといって、レベルを落としたつもりはない。本講義の根底に流れるのは、ふだん私が京都大学の学生たちに向けて語っているのと同じテーマであり、問題意識だ。 講義のタイトルは「未来をつくる5つの法則」。その中身は、ざっと次のような感じである。ぜひ法則の「?」に入るキーワードを想像してみてほしい。法則1 変革の旅は「?」からはじまる法則2 冒険には「?」が必要だ法則3 一行の「?」が世界を変える法則4 すべての冒険には「?」がいる法則5 ミライは「?」の向こうにある 本書は、その講義のエッセンスを凝縮した一冊である。未来を生きるきみたちに向けた、未来を変える特別講義だ。学校は、未来と希望の工場である――。そしてきみたちは魔法を学んでいる。ベストセラー『僕は君たちに武器を配りたい』の著者が全国の中学校を訪れて開講した特別講義「未来をつくる5つの法則」のエッセンスを凝縮した一冊。未来を生きるすべての子どもたちに、そして今を生きるすべての人に贈る、筆者著作活動の集大成.

8 thoughts on “ミライの授業

  1. 田村耕太郎 田村耕太郎 says:

    ePUB manaihege.co Ý ミライの授業 MOBI Ï ミライの授業 book, ミライの授業 ePUB魂を揺さぶられた一冊~人類の未来を創ってきた勇者の物語でひも解く人生の戦略論燃えてきた。熱くて冷徹な本だと思う。当代の戦略家が21世紀に生まれた子供たち向けに語っている形式だが、なじみの深い名前の偉人について「こんなに知らなかったかことがあるのか?」「この人の背景にはこんな人がこんな経緯があったんだ?!」と目からうろこだった。生きていくことは妥協を重ね、不条理に慣れていくことでもあ


  2. TYashf7 TYashf7 says:

    ePUB manaihege.co Ý ミライの授業 MOBI Ï ミライの授業 book, ミライの授業 ePUBこの本は14歳向けの易しい内容となっているようですが、20歳を超えた大人が読んでも当然ながら分かりやすいし、普段の生活や仕事に活かせる部分は多くあります。大人になってから野心を持ち続けて生きるのは大変なことなのかもしれませんが、この本を読んで心が揺さぶられることが少しでもあったら、まだまだ私たちの魂は死んでいないんだ、ということを確認できると思います。


  3. koji koji says:

    ePUB manaihege.co Ý ミライの授業 MOBI Ï ミライの授業 book, ミライの授業 ePUB訃報を聞いて思わずレビュー。未来の授業 というタイトルながら内容は伝記だった。君達は過去から未来のことを学べるんだというメッセージを感じた。教員免許を取る時だったのでこの本の内容を暗唱し、生徒達に話したこともあった。自分にとってとてと大切な一冊


  4. 有佑 有佑 says:

    ePUB manaihege.co Ý ミライの授業 MOBI Ï ミライの授業 book, ミライの授業 ePUB世界の歴史を変えた19人+1人が紹介されていますが、いつの世も常識を覆すのは「シロウト」であり「新人」。多くの具体的なエピソードとともに生き生きと描かれています。中学二年


  5. jp.hdizle.meカスタマー jp.hdizle.meカスタマー says:

    ePUB manaihege.co Ý ミライの授業 MOBI Ï ミライの授業 book, ミライの授業 ePUB基礎的な知識を身につけさせるためにはある程度仕方がないのかもしれないが、学校という場所が保守的人材の工場みたいになっている。おかしな校則。知識偏重、部活偏重。教育現場からパラダイムシフトを起こせるのが理想だが。教育業界から外に出たことのない人が多いので現実は難しいかな。本書をみんなで読んでミライを創造できる素地を作ろう。


  6. 堀田義仁 堀田義仁 says:

    ePUB manaihege.co Ý ミライの授業 MOBI Ï ミライの授業 book, ミライの授業 ePUB— 未来を予測する最善の方法はそれを発明することだ(アラン・ケイ)という引用にこの本の主張は集約される。 つい最近まで技術革新の速度は速くなく、与えられた問題を素早くガシガシ解く人が求められ


  7. ぺぺアキ ぺぺアキ says:

    ePUB manaihege.co Ý ミライの授業 MOBI Ï ミライの授業 book, ミライの授業 ePUB息子も一気読みしたそうです。自分が読んで面白かった本はこれ面白いよーと言って渡したりしてますが、これが一番食い付きが良かった。


  8. 渡辺真 渡辺真 says:

    ePUB manaihege.co Ý ミライの授業 MOBI Ï ミライの授業 book, ミライの授業 ePUB19人の伝記を使って、テーマが進行します。伝記は分かりやすく簡潔に書かれていて、それぞれの人物の歴史的貢献を面白く読めました。例えば、ナイチンゲールでは、私が知っていたものと違った有名人である理由を理解できて、詳しい伝記を読もうと思いました。「未来をつくる」という「目標をかかげ、進歩しつづける」人は、ロボットや AI に置き換えられることはないでしょう。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *